ドラムを始める年齢はいつがいい?答えはたった1つ【40代も全然OK】

ドラムを始める年齢サムネイル

「ドラムを始めたいけど、この年齢で始めても上手くなれる?」

「周りより遅いスタートでも、ドラムを楽しめる?」

「ドラムを始めるのに一番いい年齢って?」

当記事では、このようなお悩みを解決していきます。

ドラムに限らず「この年齢で楽器を始めてもいいの?」と、年齢がネックとなっている方は少なくありません。確かに、小学生や中学生でドラムを始めている人って、とてもすごく見えますよね。

でも、ふと気になりませんか?「大人になってドラムを始めても、本当に上手くなれるの?」と。

当記事では、あなたのそのような疑問にお答えします。

ちなみに当記事を執筆している「たくP」は、現時点で29歳のドラマーです。一応、ドラムを叩いてお金を頂戴している立場にあります。

ドラムを始めるのに年齢は無関係。今すぐ始めましょう

結論として、ドラムを始めるのに年齢は無関係です。ドラムに興味があるなら、今すぐに始めましょう。

「ドラムを始めるのに最適な年齢はいつ?」という問いに対する答えは「今すぐ」です。

「ドラムを始めたいけど年齢が…」と考えている方は、そもそもなぜ「この年齢でドラムを始めるのは遅い」と考えているのでしょうか?

  • 小学生や中学生の怪物ドラマーが多いから?
  • ゆるキャラが難しい曲を難なく叩いているから?
  • SNSやyoutubeに上手い人がゴロゴロいるから?

いずれにしても、そんなどこの誰かも分からない赤の他人と比べる必要はありません。赤の他人が上手かろうが下手だろうが、あなたには全く関係がないはずです。

ドラムを始めたいけど年齢が…」と考えている人は、多くの場合、自分自身でブレーキをかけているだけです。他人と比較して自分がやりたいことを我慢するなんて、めちゃくちゃもったいないと思いませんか?少なくとも私は絶対に御免です。

周りなんて気にせずにOKです。周りの実力と自分の実力を比べる必要なんて全くありませんし、ましてやあなたを止める権利なんて誰にもありません。ドラムに興味を持ったなら、今日からドラマーになりましょう!

補足
20代なら尚更今すぐに始めるべきです。上達が早く、若さゆえに色々と挑戦しやすく、あらゆる可能性を秘めているからです。

40代でドラムを始めるのは遅い?50代でも全く遅くありません

「40代でドラムを始めたい…」と悩む方は割と多いようですが、はっきり言って40代ドラムを始めても遅くありません。詳しくは後述しますが、その理由として、50代以上でドラムを始める方は意外と多いからです。

少しドラムとは話が離れますが、あなたはSUMIROCKこと岩室純子さんをご存じでしょうか?岩室さんは最高齢のプロDJとしてギネスに登録されている、御年84歳の現役DJです(2020年現在)。

DJを始めたのは、なんと77歳から。プロDJと活躍している今では、国内外からもオファーが来るほど。

誰もが知る日本最大の音楽イベント、FUJI ROCK FESTIVALにもお呼ばれになったそうです(ご本人は断ったみたいですが)。

ちなみに、岩住さんがクラブ音楽を知ったのは60代後半の時だそうです。

クラブ音楽を知ったのは60代後半の時。友人が主催するDJイベントを通じ、電子音の魅力に触れた。「言葉では言い表せないが、心に響くものがある」。それからどんどんのめり込んだ。

引用:地方紙と共同通信のよんななニュース 最高齢DJおばあちゃん 東京・岩室純子さん84歳

60代後半でクラブ音楽を知り、77歳からDJスクールに通い、84歳で現役プロDJとして注目を集めています。これほど常識を覆し、多くの人に勇気を与える話が他にあるでしょうか。

岩室さんの例は非常に稀有かもしれませんが、いずれにしても言えることは、何かを始めるときは40代も50代も決して遅くないということ。20代なら遅いどころかむしろ「早すぎる」くらいなので、年齢なんて一切気にしなくてOKです。

ドラムを始めるのに年齢は関係ない理由3つ

ドラムを始めるのに年齢は関係ない!その理由は以下の3つです。

ドラムを始めるのに年齢は関係ない理由
  1. 練習すれば子供でも大人でも上手くなれるから
  2. 40代・50代やシニア世代でドラムを始める人も多いから
  3. 社会人でも十分にドラムを楽しめるから

それでは、一つずつ解説していきます。

練習すれば子供でも大人でも上手くなれるから

私があなたに一番伝えたいことは「練習すれば誰でも上手くなる」という事実です。

ドラムに限らず、どの楽器も練習すれば必ず上手くなります。年齢・性別は一切関係ありません。子供だろうが大人だろうが皆そうです。

もちろん、年齢によって上達の速度は違ってくるとは思います。40代・50代となると、少なからずハンデがあるのもまた事実です。

しかし、 確実に言えるのは、あなたの今後の人生において一番若いのは「今」であるということです。

恐らく、ドラムを始めるのに年齢がネックに感じているあなたは「この年齢でドラムを始めて、本当に上手くなれるだろうか?」とお悩みだと思います。

大丈夫です。上手くなれます。

ちゃんと練習すれば、好きな曲を叩いたり、曲を作ったり、ライブハウスで曲を披露することくらい、誰でも出来るようになります。

自転車だって、練習すれば誰でも乗れるようになれますよね?それと全く同じです。

40代・50代やシニア世代でドラムを始める人も多いから

40代・50代でドラムを始めても全く遅くない!と先述しましたが、そもそもその年代でドラムを始める人はたくさんいます。

正確な統計データはお見せできないのですが、根拠の一つとしてみっきーのドラム教室さんのデータがあります。東京・横浜を中心にドラムレッスンを行っている「みっきーのドラム教室」さんの生徒も、40代から50代の方が圧倒的に多いようです。

ドラム教室の年齢分布

※2016年4月現在
※「20代」以降の属性は『社会人』になります。

こう見ると、40歳〜50歳代の社会人が圧倒的に多いですね〜。

引用元:【よくある質問】ドラムは何歳から始めればいいの?ドラムを習ってるのはどんな人? みっきーのドラム教室

統計データとしてはサンプル数が少ないかもしれませんが、少なくともこのような事実があることは確かです。

また、もう一つの根拠として私自身の体験談があります。

私は大学生のころ、地元のドラム教室に通っていました。その時にたくさんの生徒さんと顔を合わせたことがあるのですが、そのほとんどの方が社会人でした。それも、40代や50代でドラムを始めた方が多かったのです。

その腕前は、10代の私から見たら文字通りプロ級でした。皆さんとても上手くて「この人たちに絶対に負けたくない!」と勝手に一人で闘志を燃やしていたことを、今でも覚えています。

ちなみに、当時の講師に話を聞いてみたら「どの生徒もドラムに対する熱い情熱を持っていて、練習熱心な方が多い」と言っていました。

このことから言えるのは、情熱を持って練習さえすれば、年齢なんて関係なく上手くなれるということです。少なくとも、10代の若造に火をつける程度の実力は40代でも50代でも身につけられます。

どうでしょうか?40代・50代でドラムを始めても全く遅くない!ということがお分かりいただけたと思います。今ではシニア世代の方もドラム教室に通う人がいらっしゃるので、むしろ若いかもしれません。

社会人でも十分にドラムを楽しめるから

社会人ってなかなか練習の時間がないけど、本当にドラムを楽しめる?」と思うかもしれませんが、十分に楽しめます。

私も現在、バンドを組んでいない社会人ドラマーですが、暇があればドラムのことを考えているほど、ドラムを楽しめています。

私のように一人で黙々と好きな曲を叩くのもいいですし、社会人でバンドを結成したり「叩いてみた」などの動画を撮ったりなど、色々な楽しみ方があります。

あなたがドラムに興味を持った理由は何でしょうか?どんな理由であれ、学生・社会人関係なく、あなたなりの楽しみ方が出来ると思いますよ。

社会人でドラムを始める。本当に上手くなれる?

社会人でドラムを始めても、十分に上手くなれます。先述のように、楽器に年齢・性別は一切関係ありません。子供だろうが大人だろうが、練習すれば上手くなれるからです。

とはいえ「練習時間が全く取れない!」という社会人ドラマーが多いのも事実です。というより、ほとんどの社会人ドラマーが、このような悩みを抱えていると思います。

私は本業・副業をやっている他、家事や育児も妻と協力しながらやっています。そんな私でも、ドラムの練習は毎日ちゃんとやっていますたまにさぼります

ドラムの練習と言っても、別に毎日がっつりやる必要はありません。例えば、4way練習を5分だけやったり、メトロノームに合わせて練習パッドを10分ほど叩いたり、チェンジアップ練習をひたすら繰り返すなどでも、十分に練習になります。

大切なのは、1日5分でもいいので必ず毎日継続することです。

毎日練習していると、「あれ?前までできなかったフレーズが出来るようになってる!」と、上達を実感できるようになります。

楽器をやっている人は、誰でもこの感覚を実感したことがあると思います。上手く説明できないのですが、「なぜかいきなり出来るようになる」のです。

というわけで、社会人ドラマーでも1日5分以上(できれば30分)の練習時間を確保すればOKです。平日は自宅で練習パッドを叩き、時間があるときに音楽スタジオで生ドラムを叩くという感じです。私もそうしています。

ドラムは安く始められる。まずは叩いてみては?

ドラムは他の楽器と違って、めちゃくちゃ安く始められることはご存じでしょうか?

というのも、ドラムセットは別に購入する必要はなく、音楽スタジオへ行けば誰でも叩けるからです。スタジオの値段はピンキリですが、個人練習であれば1時間1,000円もしません。中には、追加料金(数百円)でドラムスティックを貸し出しているところもあります。

補足
ちなみに、スティックは1,500円前後で購入できます。高い買い物ではないので、購入してはいかがでしょう!

ドラムに興味があるなら、ぜひ一度音楽スタジオを利用してみてください。音楽スタジオの利用方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

スタジオで叩いてみて、「やっぱ思ってたのと違うな…」と思ったら、やめればいいだけの話です。せいぜい数千円程度の出費で済むので、そこまで大きな痛手になりません。

このように、ドラムは他の楽器と違って手軽に試せるので、ドラムに興味があるなら、ぜひ試してみてください。

大人(社会人)がドラムを始めるなら、独学かスクールか?

大人(社会人)がドラムを始めるとき、悩むのが「独学か?スクールに通うか?」ではないでしょうか。過去記事である「ドラム初心者は独学でも上手くなれる」でも解説しましたが、ドラムスクールに通うか?通わないか?の二択なら、通った方が良いです。

理由は、上達速度が桁違いに早いからです。たとえるなら、自転車で目的地に向かうか?車で目的地に向かうか?くらいの差があります。

距離が短ければそこまで大きな差はありませんが、距離が長ければ長いほど、その差が大きくなります。「節約しながら、ただ単にドラムを楽しみたい!」というだけなら、独学でも大丈夫でしょう。私も一時期ドラム教室に通っていましたが、今ではほぼ独学に近い状態です。

それでも、好きな曲を叩いて楽しめる程度のスキルはあります。この辺は、あなたの目的に合わせて考えてみてください。

今ではほとんどのドラム教室が無料体験を実施しています。「さっさとドラムが上手くなりたいんじゃ!」という方は、まずは無料体験レッスンに申し込んではいかがでしょうか。

終わりに

繰り返しになりますが、ドラムを始めるのに年齢は関係ありません。始める年齢が遅かろうが早かろうが、練習すれば誰でも上手くなれます。

今後のあなたの人生で、一番若いのは「今」です。

じゃあいつやるか?答えはひとつしかありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です