【超重要】ドラムの練習パッドをアパートで叩くならしっかり防音を

ドラマーにとって一番の悩みどころと言えるのが自宅での練習です。

ドラムはギターやベースと違って上手く音量を調節できないので、好き放題に練習することが出来ません。

そんなドラマーの自宅練習に欠かせないのが練習パッド。

 

生ドラムとは叩く感触は違いますが、スティックコントロールを身につけるためには練習パッドでの練習が欠かせません。

 

しかしながら、この練習パッドも意外と大きな音が出ます。

「これくらいの音量なら大丈夫だろう」と自分で思っていても、周りからは「あの部屋いつもうるせぇなぁ」と思われているかもしれません。

アパートやマンションなどの集合住宅なら尚更です。

そもそも、アパートで練習パッドを叩いても大丈夫なの?

しっかり防音を行えば大丈夫…と言いたいところなのですが、アパートの構造によっては、どれだけ防音を施しても音が漏れてしまう可能性があります。

防音にもやはり限界があるのです。

特に注意が必要なのが木造アパート。

一般的に、木造アパートはRC構造のアパートよりも遮音性が低いと言われています。

 

ですので、木造アパートでドラムの練習パッドを用いる場合、防音対策を行ったところで音が響いてしまうかもしれないのです。

残念ながら、こればかりは実際にやってみないと分かりません。

簡単な防音対策でもいいので、アパートやマンションで練習パッドを用いるなら、必ず防音するようにしてください。

超簡単!自宅にあるもので防音対策

自宅にあるものを上手く使えば、ある程度の防音対策は可能です。

以下にて、多くのドラマーが行っているであろう(確認はしていない)、自宅で簡単に出来る防音対策をご紹介します。

練習パッドにタオルを巻く

めちゃくちゃ単純ですが、 これ、ものすごく効果的です。私も重宝しています。

単純にタオルを置くだけでも音を小さくできますが、それでも気になる場合はタオルをたたんでおいてみましょう。

タオルの厚みが増すほど、消音効果に期待が出来ます。

ただし、タオルを厚くしすぎるとスティックが全く跳ね返らないので注意が必要です。

補足
スティックが跳ね返らなくても十分練習になります。安心して練習しましょう。

防音マットを敷く

床に練習パッドを置いて叩いてしまうと、振動が直接伝わって下の階や隣の階に音が響く可能性があります。

練習パッドの防音で重要なのは叩く音を防ぐよりも、叩いたときの振動を防ぐことです。

振動が床や壁に伝わると、隣りや下の階へ音が響くからです。

これを防ぐために役立つのが防音マットです。

防音マットを置き、その上にスネアスタンドなどで練習パッドを置けば、床に響く振動を抑えることが出来ます。実際、私もそうしています。

楽器専用の防音マットもありますが、ホームセンターなどに売っているジョイントマットでも多少効果があります。

ジョイントマットを使う場合、子どもの足音(ドタバタ音)を吸音してくれるマットがおすすめです。

吸音カーテンを使う

これは私も試したことがないのですが、吸音カーテンを使うのも手段のひとつです。

吸音カーテンとは、その名の通り音を吸収する機能を備えたカーテンのことです。

つまり、室内へ逃げる音を外に漏らさないわけですね。

 

吸音カーテンは「パッドを叩く音」自体は音を抑えられますが、床や壁に伝わる振動は防げません。

ドラムの練習パッドの防音は、どちらかと言えば「振動の対策」が重要です。

吸音カーテンを使うのもいいのですが、ちゃんと振動音も対策するようにしましょう。

メッシュタイプの練習パッドなら、アパートでも安心!

ドラムの練習に用いる練習パッドは、メッシュタイプのものがあります。

メッシュタイプの練習パッドはスティックが跳ね返りやすく消音性に優れており、愛用しているドラマーも少なくありません。

 

あまり音を気にせずに練習が出来るのは、ドラマーにとっては大きいですね。

ラバータイプだとどうしても打音が大きくなりますが、メッシュタイプであればそこまで大きな音は出ません。

ただし、リムにスティックを当ててしまうと結構大きな音が鳴ります。

ですので、ドラム初心者の方は、最初は使いづらさを感じるかもしれません。

補足
個人的には、ラバータイプの練習パッドが好きです。気持ちいい音がなるからです

マンション住まいの私が実際にやっている防音対策

現在マンション(1階)に住んでいる私が、実際にやっている防音対策が以下の通りです。

私の防音対策
  1. 吸音タイプのジョイントマットを敷く
  2. その上に厚手のカーペットを敷く
  3. バスドラの練習パッドはタオルとガムテープで消音
  4. スネアスタンドに練習パッドを置く
  5. 夜間は絶対に叩かない!←超重要

百聞は一見にしかず。私の自宅の練習スペースはこんな感じです↓

ドラムの練習スペースの画像

ジョイントマットと厚手のカーペット、スネアスタンドで床への振動を抑えています。

また、叩くときは必ず窓を閉め、なるべく外へ打音を漏らさないようにしています。

そして一番重要なのが、夜間は絶対に叩かないことです。

 

いくら防音しても外に音が漏れていない保証はどこにもないので、夜間は絶対に叩かないようにしています。

何も練習パッドを叩くだけがドラムの練習ではありません。

ドラム関連の書籍を読んだり、耳コピしたり、作曲したり、好きなドラマーの動画を見たり、ネットで情報収集したり、録音した自分の音源を聴いたりなど、ほかにも出来る練習はたくさんあります。

防音とは違うかもしれませんが、こうした小さな心がけも、近隣住民へ迷惑をかけない対策のひとつと言えるでしょう。

 

上記の方法で2年近く 毎日叩いていますが、今のところ苦情は入っていません。

隣の住民があえてクレームを入れていないだけの可能性もありますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です