【ドラムの叩き方】絶対に覚えるべきストロークはたった4つ。初心者はまずこの4つを覚えよう

ドラムの叩き方(4つのストローク)を紹介する画像

ドラムを演奏するうえで「 ドラムの正しい叩き方」は非常に重要です。

正しい叩き方が身についていなければ演奏が不安定になりますし、何より「表現力がない単調な音」になってしまいます。はっきり言って、そんなドラマーの演奏は聴いててめちゃくちゃつまらない←以前の私のことです

ドラムは他の楽器と違って音階がないので、強く叩いたり弱く叩いたりして音を表現します。ですので、ドラムの演奏において音の強弱をコントロールすることは非常に重要なわけです。

上手いドラマーは総じて強弱のコントロールがめちゃくちゃ上手く、逆にドラム初心者は音が単調になりがち。

しかし、ドラムの叩き方の超基本である4つのストロークを覚え、毎日練習すれば、ドラム初心者でもダイナミクス(音の強弱)を付けた演奏が可能になります。

極端な話、どんなに難解なフレーズだろうと、 所詮この4つのストロークの組み合わせに過ぎません。

ですので、この4つを日ごろから練習しておけば、色々なフレーズに対応できるようになります。

補足
正確には、「強」「弱」だけでなく、「やや強く(mf)」「やや弱く(mp)」などもあります。ドラム初心者のうちは、とりあえず「強」「弱」の二つを使い分けられればOKかと。

ドラムを始めたあなたにも「絶対に叩きたい曲」があるはずです。その曲をきちんと演奏できるようになるためにも、基本的な4つのストローク(ドラムの叩き方)についてマスターしておきましょう。

ドラム初心者が絶対押さえたい叩き方。まずはレディポジション

ドラム初心者は、ドラムの叩き方の第一歩であるレディ・ポジションから押さえましょう。

レディポジションとは、ストロークする前のスティックの位置のことです。

スティックが上にある場合はハイポジションと呼び、スティックが下にある場合はローポジションと呼びます。

ハイポジションのスネアのイラスト
ロー・ポジションのスネア

簡単ですね。

当たり前ですが、ハイポジションから叩くと大きな音が出て、ローポジションから叩くと小さな音が出ます。

ちなみに、ドラムセットに座った時の基本的な構えはロー・ポジションです。

ロー・ポジションは、スティックとスネアの打面が大体2~3cmくらいが一般的です。

ドラムの叩き方1.フルストローク

フルストロークとは、ハイポジションからスティックを振って叩き、さらにハイポジションにスティックを戻すストロークのことです。

実際のスティックの動きを画像にすると、以下の通りです。

ドラムの叩き方「フルストローク」を説明している画像

ドラムの叩き方「フルストローク」の画像

ハイポジションで叩き、さらにハイポジションに戻っているのが確認できますね。

フルストロークは、「」→「」と連続して強く叩くときに使います。譜面上では「F」と表記されます。

フルストロークの叩き方の3つのコツ

フルストロークの叩き方のコツは以下の通り↓です。

POINT

  • しっかりバウンドさせる
  • スティックの勢いを止めない
  • 叩く前と同じ位置にスティックを持ってくる

まず、フルストロークのコツは、しっかりとバウンドを拾うことです。

上手くバウンドさせないと、スティックを振り下ろした後に「スティックを振り上げる」という無駄な動作が必要となります。

ですので、ハイポジションからスティックを振って叩いた後、そのバウンドの勢いを完全に殺すのではなく、叩く前と同じ高さまでスティックを持っていくようにしましょう。

 

上手くバウンドさせるコツは、指(中指・薬指・小指)を少しだけ開いてあげることです。

そうすることでスティックと指の間にスキマが出来て、きれいにバウンドさせることが出来ます。

なお、叩く前よりもスティックの位置が低いと次の音を叩くときに「弱」となってしまい、逆に叩く前よりも高いと「やや強く」なってしまいます。

ですので「叩いた後は叩く前と同じ高さまで戻す」。これを意識しましょう。

ドラムの叩き方2.ダウンストローク

ダウンストロークとは、ハイポジションからスティックを振った後、バウンドさせずにローポジションにスティックを止めるストロークのことです。

実際のスティックの動きを画像にすると、以下の通りです。

ドラムの叩き方「ダウンストローク」を説明している画像

ドラムの叩き方「ダウンストローク」の画像

ハイポジションで叩いた後、ローポジションに戻っているのが確認できますね。

ダウンストロークは、「」→「」と連続して叩くときに使います。譜面上では「D」と表記します。

ダウンストロークの叩き方のコツ

ダウンストロークの叩き方のコツとしては以下の通り↓です。

POINT

  • しっかりとバウンドを止める
  • 叩いた後のスティックの位置は、打面の手前(ローポジション)
  • 叩くと同時に、中指・薬指・小指で止める

ダウンストロークは、フルストロークと違ってしっかりとバウンドを止める必要があります。

バウンドを上手く止めるコツは、叩くと同時に指(中指・薬指・小指)を握り込み、バウンドの勢いを止めてしまうことです。フルストロークと逆ですね。

しかし、バウンドを止めるだけではありません。

ダウンストロークは「」→「」と叩くときに使うストロークですので、しっかりと次の「」に備えた位置にスティックを構える必要があります。

つまり、ロー・ポジションの位置にスティックを構えるわけですね。

  1. ハイポジションから叩く
  2. ローポジションでスティックを止める

くどいようですが、これがダウンストロークの流れです。

やってみると分かりますが、この打面とスティックの距離のコントロールが非常に難しいです。マジでめちゃくちゃ難しいです。

右手では出来るけど、左手では出来ない…なんてことも十分にあります。

右手・左手ともにみっちりと練習しましょう。特に左手(利き手じゃない方)。

きちんと練習すればドラム初心者でも必ずできるようになりますので、あきらめずに毎日練習してください。

ドラムの叩き方3.タップストローク

タップストロークとは、ローポジションにあるスティックを優しく下ろして叩き、再度、ローポジションに待機させるストロークのことです。

実際のスティックの動きを画像にすると、以下の通りです。

ドラムの叩き方「タップストローク」を説明している画像

ドラムの叩き方「タップストロークの画像

ローポジションからスティックで叩き、再びローポジションへ戻っているのが確認できますね。

」→「」と叩くとき、タップストロークを使います。譜面上では「T」と表記されます。

タップストロークの叩き方のコツ

タップストロークの叩き方のコツとしては以下の通り↓です。

POINT

  • スティックで「叩く」というより「打面を触るor当てる」イメージ
  • 手首を上手く使う
  • 音が大きくならないように注意

タップストロークは、スティックで叩くというよりも、スティックを優しく落として「打面を触るor当てる」ように叩きます。

「打面を触る」と聞くとイメージが湧かないと思いますが、ローポジションからクイッと手首を下げて、打面にちょっとだけスティックを当てるような感じです。

なお、タップストロークは指でコントロールするものもあります(フィンガータップといいます)。

しかし、指だと思った以上に音量が出るので、私は手首を中心に使っています(これをリストタップといいます)。

補足
個人的にはリストタップがおすすめですが、やりやすい方を選んでください。

ドラムの叩き方4.アップストローク

アップストロークとは、ローポジションのスティックを叩いた後にハイポジションへ戻るストロークのことです。

実際のスティックの動きを画像にすると、以下の通りです。

ドラムの叩き方「アップストローク」を説明している画像

ドラムの叩き方「アップストローク」の画像

ローポジションでスティックを当て、ハイポジションへ移っているのが確認できますね。

アップストロークは「」→「」と叩くときに使います。譜面上では「U」と表記されます。

アップストロークの叩き方のコツ

POINT

  • スティックで叩くというより「打面を触る」イメージ
  • 叩いて上げるのではなく、上げながら叩く!超重要
  • 手首に釣り糸が付いていて、引っ張られているイメージ

アップストロークはタップストロークと同様、打面を触るようなイメージで叩きます。

アップストロークで超重要なのが、叩いて上げるのではなく「上げながら叩く」ということです。

叩いて上げると「叩く」→「上げる」という余計な動作が加わってしまい、スムーズに動きません。

ですので、「叩きながら、スティックを上げる」という一連の動作をイメージしてみてください。

私の場合、「腕を上げるついでに、チョンとスティックで打面を触る」ようにしています。

イメージしづらい…という方は、手首に付いている釣り糸が、上から引っ張られるような動きをイメージしてみてください。

釣り糸を引っ張ると、手首がクイッと上に引っ張られますよね?イメージとしてはそんな感じです。

ドラムの叩き方。各種ストロークのまとめ表

4つのストロークを表にまとめますと、以下の通りです。

叩き方 レディポジション 音の強弱 叩いた後のスティックの位置
フルストローク(F) 上(ハイポジ) 上(ハイポジ)
ダウンストローク(D) 上(ハイポジ) 下(ローポジ)
タップストローク(T) 下(ローポジ) 下(ローポジ)
アップストローク(U) 下(ローポジ) 上(ハイポジ)

非常に重要なので繰り返しますが、 上記の4つのストロークは基本中の基本であり、ドラマーであれば絶対にマスターしておきたい叩き方です。

最初の頃は上手くいかないと思いますが、繰り返すと徐々に体が動きを覚えてくれます

ドラムの叩き方を完全マスター。ドラム初心者におすすめの練習はこれ

4つのストロークについて紹介しましたが、「で?これをマスターするには、どんな練習をすればいいの?」と思う方もいらっしゃると思います。

答えは簡単です。要するに、この4つのストロークの動きを体に覚えさせる練習をすれば良いのです。

ドラム初心者の方は、以下の譜面を毎日練習しましょう。もちろん、右手・左手両方です。

ドラムの叩き方をマスターする練習の譜面

ドラムの叩き方「4つのストローク」の練習譜面

この練習譜面は

  1. フルストローク
  2. ダウンストローク
  3. タップストローク
  4. アップストローク

を流れるように叩く譜面です。

BPM50の16分音符の譜面ですが、自分の出来るテンポに合わせてやってみてください。

1日5分やるだけでも、やっていないドラマーと大きな差をつけることができますよ。

ドラムの叩き方を覚えるのは反復練習あるのみ

ドラムの叩き方を覚えるのがドラム初心者の第一の課題です。

そしてそれをクリアするためには、反復練習にほかありません。

上記では各ストロークのコツを解説していますが、頭でやり方を覚えるよりも、実際に叩いて感覚を染み込ませましょう。

正しいバットの振り方を100回学ぶより、一度バットの振り方を学び、100回スイングする方が格段に成長できるのと同じです。

正直なところ、ドラムの練習は質より量です。才能なんてなくても全く問題ありません。

ドラムの叩き方をしっかりマスターするためにも、とにかく叩きまくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です