【ドラム】シンバルのセッティングまとめ。クラッシュシンバル・ライドシンバルの配置とその違いについて

ドラムのシンバルの画像

ドラムセットにおけるシンバルの役割は様々です。

曲中にアクセントをつけたりリズムを刻んだり、フィルインに組み合わせたり…など、ドラムの演奏における様々な役割を果たしてくれます。

ドラムのシンバルにはいろいろな種類がありますが、一般的なドラムセットにセッティングされているのが以下の3つのシンバルです。

ドラムのシンバルの種類
  1. クラッシュ・シンバル
  2. ハイハット・シンバル
  3. ライド・シンバル
ドラムセットのシンバルに印をつけた画像

 

ドラムのハイハットのセッティングでも述べていますが、ドラムを上手く叩くためには、自分に合ったセッティングが極めて重要です。

ここでは、ライドシンバルとクラッシュシンバルの違いを解説したうえで、それぞれのセッティング方法についてご紹介します。

一般的なセッティングで実際にドラムを叩いたうえで、自分に合ったセッティングを見つけてみてください。

ライドシンバルとクラッシュシンバルの違いは?

ライドシンバルとクラッシュシンバルの違いは、ドラム演奏中における役割です。

具体的には、曲中でビートを刻むときにはライドシンバル(またはハイハット)を使用し、曲中にアクセントを強調したいときにはクラッシュシンバルを使用します。

曲中で「チーン、チーン」←下ネタではありませんとビートを刻んでいるのがライドシンバルで、「シャーン!!」となっているのがクラッシュシンバルと覚えておけばOKです。

補足
ちなみに、クラッシュシンバルでビートを刻んだり、ハイハットシンバルやライドシンバルをフィルインに混ぜることもあります。

では、それぞれの役割の違いを踏まえたうえで、セッティングの方法について解説します。

クラッシュシンバルのセッティング。基本的な位置・高さ・角度

クラッシュシンバルのセッティングは、以下の3つの項目を守っておけばOKです。

クラッシュシンバルのセッティングのPOINT

  1. クラッシュシンバルの位置は無理なく手が届く位置
  2. 高さは目線より少し下が一般的
  3. 少しだけ自分側に傾ける

まず、クラッシュシンバルは無理なく手が届く位置に置きましょう。

手を伸ばさないと届かない距離だと、リズムのヨレにつながりますし、いい音が出せません。

次に、クラッシュシンバルの高さですが、これは目線よりも少し下程度が一般的です。この高さにする理由は、その方がシンバルのエッジが叩きやすいからです。

補足
エッジとは、シンバルの端っこ(以下の画像の赤丸部分)です。 
クラッシュシンバルのエッジの画像

ここをスティックのショルダーに上手く当てることで、「シャーン!」とキレイで派手な音が出せるようになります。

ドラムスティックのショルダー部分の画像

最後に、クラッシュシンバルを手前側に傾けるようにしましょう。

あえて水平にセッティングしているドラマーもいますが、ドラム初心者のうちは、まずは「手前側に傾けたセッティング」で叩いてみてください。

傾ける角度は、ほんの少し(水平に近いくらい)で大丈夫です。

クラッシュシンバルを傾ける理由は、エッジを叩きやすくするためです。ただし、傾けすぎるとエッジを叩きにくくなるので注意しましょう。

色々くどくどと解説しましたが、要するに 無理なく手が届く範囲で、かつスティックのショルダーがきれいに当たるように、クラッシュシンバルをセッティングしましょうということです。

ドラムセットのクラッシュシンバルは二枚あるのが普通なの?

一般的なドラムセットには、クラッシュシンバルが二枚セッティングされています。

以下の画像のドラムセットにも、二枚のクラッシュシンバルがセッティングされていますね。

ドラムセットのシンバルに印をつけた画像

クラッシュシンバルは一般的に、自分から見て右側に大きいクラッシュシンバルをセッティングし、左側に小さいクラッシュシンバルをセッティングします。

補足
一般的なドラムセットでは、右が18インチ、左が16インチです

上記の画像でも、右が大きく左側が小さくなっています。クラッシュシンバルの大きさが微妙に違うのがわかると思います。

もし、あなたが通っている音楽スタジオのドラムセットにクラッシュシンバルが二枚セッティングされていたら、「自分側から見て右に大きいシンバル、左に小さいシンバル」とセッティングしてください。

ここは意外と見落とすドラマーも少なくないので、初心者のうちから右側に大きなクラッシュシンバルを、左側に小さなクラッシュシンバルをセッティングする癖をつけておきましょう。

補足
あえて逆にセッティングしているドラマーもいます。

なお、実際にセッティングする場合は、シンバルの表面に注目しましょう。ここに、シンバルの大きさが書いてあります。

場合によっては消えてしまっていることがありますが、その時は見た目で判断してください。私もそうしています。

二つを見比べると明らかに大きさが違うので、ドラム初心者さんでも簡単に見分けられます。

クラッシュシンバルの高さは、高ければ高いほど派手に見える

クラッシュシンバルは高ければ高いほど派手に見えます。

「落ち着いたセッティングよりも、見た目のインパクトを重視したい!」という場合は、一般的な高さよりも高めにセッティングしても良いでしょう。

私も、クラッシュシンバルは通常よりも高めにセッティングしています。理由は至極単純。その方がかっこいいからです。

ちなみに、私が尊敬するドラマー、アキレス・プリースター(Aquiles Priester)も、かなり高めのセッティングです。

いやー、いつ見てもかっこいい。

ライドシンバルのセッティング。基本的な位置・高さ・角度は?

ライドシンバルをセッティングする場合は、以下の項目を守っておけばOKです。

ライドシンバルセッティングのPOINT

  1. 無理なく手が届く位置(カップも難なく叩ける位置)
  2. フロアタムに干渉しない配置
  3. 角度を傾けすぎないように注意!

ライドシンバルは、クラッシュシンバルと同様、無理なく手が届く範囲に配置するようにしましょう。

その際、注意していただきたいのが、カップまで無理なく叩ける位置になっているか?というところです。

補足
カップとは、シンバル中央部にある、少し膨らんだ部分です。

ライドシンバルはカップでビートを刻むことも少なくないので、しっかりとカップが叩ける位置にセッティングするようにしましょう。

次に、ライドシンバルは近すぎても遠すぎてもいけません。というのも、近すぎるとフロアタムに干渉してしまい、遠すぎると腕がつかれるからです。

フロアタムを叩くときに邪魔にならず、かつ腕が疲れない位置にセッティングするようにしましょう。

同様の理由から、ライドシンバルの角度は傾けすぎないようにしましょう。

傾けすぎるとフロアタムに近くなってしまうので、叩くときに邪魔になってしまいます。

この辺は、自分の感覚でOKです。いろいろな角度で実際に叩いてみて、自分に合った角度を見つけてみてください。

まとめ

クラッシュシンバルとライドシンバルのセッティングについて解説しました。

ドラム初心者の方は、まず上記のセッティングを実践し、そのうえで「自分に合ったセッティング」を見つけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です